憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

藤城清治 「光の楽園展 」2017 大阪文化館 @天保山

旅行

藤城清治 「光の楽園展 」2017 大阪文化館 @天保山
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

藤城清治さんってどんな人?

プロフィール

藤城清治さんは、日本を代表する影絵作家、画家、人形劇作家です。
1924年(大正13年)東京生まれで、2017年現在93歳というご高齢でありながら現役真っ盛り。

高校・大学と慶応ボーイで、学生時代から絵画、影絵、人形劇の魅力に目覚めておられます。
第二次対戦中、1943年には 15期海軍予備学生として、滋賀海軍航空隊に入隊、翌年少尉に。
戦争の恐ろしさもリアルに体験されている世代です。
藤城さんの名が全国的に知られるようになったのは、1948年、花森安治氏に認められ『暮らしの手帖』に影絵を連載し影絵作家として注目を集めたこと。
1952年には自身の人形と影絵の劇団・木馬座を結成し、TV番組『木馬座アワー』では自ら演出、自身が産み出したオリジナルキャラクター・ケロヨンが爆発的人気を呼びました。
1970年の大阪万博にはケロヨンショーで参加されています。
木馬座解散後も影絵作家、影絵劇演出家として精力的に創作活動を行い、ニューヨークを始め世界各国で影絵展、影絵劇の上演を行い、
1995年勲四等旭日小綬章を受章。
2013年には、那須高原に『藤城清治美術館』を完成させ、90歳を迎えた今も意欲的な創作活動を続けている。

2017年大阪文化館の「光の楽園展」その内容は

新作影絵、動く影絵、雑誌家庭画報に連載中の原画など約230点の展示。
会場内所狭しと2フロアに渡って、藤城氏のワールドが展開されています。

初期の頃の代表的作品はもちろんのこと
ここ数年に製作されたもの、つまり90歳を超えてから作られたものが
作品の大部分を占めているのが本当にすごいです。

その全てはご紹介しきれませんが、
心動かされたいくつかの作品をここでピックアップします。

初期の代表的作品「西遊記」

藤城さんは故邱永漢氏が1958年から1963年まで中央公論に連載していた小説「西遊記」に挿絵をつけていました。孫悟空、沙悟浄、猪八戒、三蔵法師、まるで動き出しそうに生き生きしています。

©️SEIJI HUJISHIRO / HORIPRO

We are the World「歌が世界を動かした」

ハリーベラフォンテがアフリカの飢餓に喘ぐ子供達を救済しようと立ち上げた世界的プロジェクト「バンドエイド」そのテーマソングがマイケルジャクソンとライオネルリッチーが共作した「We are the world」でした。
1985年、世界各国の 8000以上のラジオ局から一斉に「We are the world」が流れ、165億円に及ぶ援助資金を生み出します。 「困っている人を助けたい」という純粋な心がたくさんの寄付金を生み出したこの活動に感動した藤城が、21世紀に生きる人たちにも、この心を伝えたいと1997年影絵によるノンフィクション絵本を製作。プロジェクトに参加したスティービーワンダー・マイケルジャクソン・ボブディラン・ビリージョエル・シンディーローパーなどのスーパースター達のレコーディングの様子や、アフリカの飢餓の様子などを影絵で見事に表現しています。

©️SEIJI HUJISHIRO / HORIPRO

現在連載中の「家庭画報」の影絵も

2017年に入ってから、藤城さんは、「家庭画報」に毎号影絵を連載しておられます。「光の楽園展」ではその全てを公開。 1月号 風花 時折・2月号 若水 初音・ 3月号 啓蟄 花蝶・4月号 晴明 若桜 そして5月号の鯉空 皐月は最も大きく、水鏡とともに展示されています。大空を悠々と泳ぐ鯉のぼりの数は全部で93匹。藤城さんは4月に93歳になられたばかりということで、ご自身の歳の数に合わせられたとか!なんてお茶目なんでしょう!  

動く作品「影絵シアター 海に落ちたピアノ」

影絵劇のカラクリを裏からも楽しめる仕組み。 大きなスクリーンの前に客席が設けられるが、舞台袖はなく、自由に裏側を覗ける。廻り舞台、ミラーボール、レンズの回転、ピアノをかたどった切り抜き板、サンゴ、魚などが全てコンピューター制御で緻密に縦横無尽に動きます。もし、生の影絵で上演したら30人ほどの人出がいるらしいのですが、この作品は無人で動いています。

開催地大阪ならではの作品も

2014年の作品、横6m縦3mの大壁画、日本一大阪人パノラマは会場でもひときわ目を引きますが、 今回は、なんと藤城さんが開催前日まで製作していたという新作がお目見えしています。
タイトルは「天神祭」水都大阪の夏を代表するお祭りです。夜空を焦がし、川面を彩る一面の花火花火花火、優美な橋、行き交う船。少し距離をとって描かれたビル群。水槽展示で、実際に水をはり、立体の船も浮かんています。

感動の大作 92歳の集大成「平和な世界へ」

「慶応時代の同期で親友の舟津一郎くんが、特攻隊で沖縄上陸戦の戦艦に飛び込んで亡くなったことを思い出し、鹿児島知覧の特攻平和会館に出向いていくと、そこに一郎氏の名前を見つけ、涙が止まらなくなった。平和への祈りを込めて、2016年、92歳の集大成として作り上げた」という渾身の作品。大きく燃える太陽に向かって続く一本のまっすぐな道。その両脇に満開の桜が散っている。太陽に向かって飛び立つ一機の零戦。空を横切る数機の零戦と赤とんぼ、鳥の群。 胸に迫り来るものがあり、思わず涙してしまう作品です。

©️SEIJI HUJISHIRO / HORIPRO

このほかにも素晴らしい作品ばかり! 藤城清治「光の楽園展」ぜひ出かけて見てください!

藤城清治「光の楽園展」
会期:3月17日(金)~5月28日(日)
会場:大阪文化館・天保山(海遊館となり)
開館時間:10:00~17:00(入館は閉館の30分前まで) / 休館日なし
入場料:当日券一般1500円 学生1300円 小・中学生800円
問い合わせ:ハローダイヤル 050-5542-8600
<【案内時間】全日 / 8:00~22:00>

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
1
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法