世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

時間と空間を超えて世界旅行!みんぱく「よみがえれ!シーボルトの日本博物館展」

旅行

時間と空間を超えて世界旅行!みんぱく「よみがえれ!シーボルトの日本博物館展」
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

2017年はシーボルト、没後150年。国立民族学博物館、開館40周年。

大阪の万博記念公園にある国立民族学博物館(みんぱく)では、
特別展「よみがえれ!シーボルトの日本博物館」を2017年8月10日から10月10日にかけて開催。 この企画は昨年7月から始まったもので、東京、長崎、名古屋を巡回しながら人気を博士、今回の大阪での開催へと繋がっています。
2017年はシーボルト没後150年。さらに国立民族学博物館40周年の節目の年で、大阪は特に充実の展示となっているとのこと。 

で、シーボルトって??

シーボルト(フィリップ・フランツ・バルタザール・フォン・シーボルト)とは・・

江戸時代の後期に鎖国中の日本を訪れたドイツ人医師であり、博物学者です。祖父、父ともに医師のエリート一家の出、名前につくフォンは貴族階級を意味するとか。

シーボルトは、1823年に来日し、長崎出島のオランダ商館医となっています。当時のドイツは日本と国交がなかったため、オランダ人と偽って入国したため、オランダ語の発音が不正確で怪しまれる・・・というピンチな局面にあっても、「自分はオランダ山地出身の山オランダ人だ」と偽ってその場を切り抜けたという逸話があるそうです。・・・オランダって干拓地なので、山地はないはずなんですけどね(笑)  機転を聞かせて、無事に入国し、出島で開業した後、1824年には出島の外に鳴滝塾を開き、西洋医学(蘭学)教育を行いました。日本各地から集まってきた多くの医者や学者に知識を授け、その後の日本の発展に貢献したことになります

プライベートでは出島に出入りしていた日本人女性タキと家庭をもち、イネという娘を授かり幸せな過家庭を気づくのですが、日本の地図を国外に持ち出そうとした罪で、日本を追放されてしまい、家族は引き裂かれてしまいます。このことはシーボルト事件として語り継がれていますね。

帰国後シーボルトは日本滞在中に集めた、日本の文化や自然に関わる膨大な資料を元に、日本をテーマとした博物館展示をヨーロッパで精力的に行なっていきます。




今回のシーボルト展のみどころは!

 1 シーボルト最後の日本展示を復元している

 シーボルトは何度となく日本に関する博物館展示を熱心に行なっています。1度目の来日の時持ち帰ったコレクションはオランダのライデン国立民族学博物館に収蔵されていて、こちらはとても有名。
しかし今回の特別展は、シーボルト2度目の来日時のコレクションと、ブランデンシュタイン=ツェッペリン家所蔵の関係資料に焦点が当たっているのが、珍しいところ。
展示品のほとんどがドイツ、ミュンヘン五大陸博物館の所蔵品となっています。内容は、シーボルトが亡くなる直前にドイツミュンヘンで開催された最後の展示を、シーボルトの長男アレクサンダーが
残したリストを元に復元的に紹介されていて、シーボルトの視点で見た日本像にリアルに迫ることができます。
   例えば・・「日本の原料産物と輸出品」という分類でタバコや歯磨き粉、もぐさ、漢方薬など
        「紙及び紙製品」という分類で、染めた色紙やかるたなど

2 日本人のなりわいや暮らしを再発見できる!

シーボルトが日本を訪れた江戸時代後期は、明治維新を目前に、日本人の暮らしが大きく変化する兆しが見え始めた時期。 シーボルトコレクションは、まさに当時の日本人の暮らしを閉じ込めた、まさに「タイム・カプセル」のような存在になっています。

展示品 「魚形蓋物」

こちらは「魚形蓋物」という名の展示品です。酒宴の際に肴を盛るための蓋つき容器が、江戸時代の後期に流行したそうで。シーボルトの手によって魚や鳥の形など珍しい形のものがコレクションされている。 展示の横には、学芸員さんの解説が・・「『魚の形をした魚の盛り皿、赤いものはうまい鯛、青いものは(しび)鮪でそれを生食する』と手引きメモが残っているが、実物を見ると、マグロではなくカツオの誤り。」と冷静に書かれていて面白いです。

3 多数の貴重なシーボルト関連資料を公開

鳴滝の家屋模型
( ミュンヘン五大陸博物館蔵 ©Museum Fünf Kontinente)

鳴滝の家屋模型・・・出島の外に出ることを特別に許されていたシーボルトが、日本人の門人に対して講義を行った鳴滝塾を再現した模型が今回初展示となっています。

シーボルトファンの方も、初めての方も、ぜひ足を運んでみよう!

国立民族学博物館 開館40周年記念特別展「よみがえれ!シーボルトの日本博物館」
2017年8月10日〜10月10日(火)
会場: 国立姻族学博物館 特別展示館

開館時間 :10:00〜17:00(入館は16:30)
休館日: 水曜日
観覧料: 一般830円 高校大学生450円 中学生以下無料

アクセス:
 大阪モノレール「万博記念公園駅」「公園東口駅」徒歩15分
  期間中土日祝日には万博記念公園駅から無料のシャトルバス運行

代表電話番号 06−6876−2151

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう